ceramicsstarブログ

陶器とガラスのオリジナル商品の販売。デザインと企画制作をやっています。商品のご紹介、好きなものなどについて書いています。

映画

クリムトはやっぱり魅惑的な画家ですね。

こんにちは。 ceramicsstarです。 グスタフ・クリムトの没後100年にあたる2019年は彼の初期から晩年にかけての大作の展示が行われました。過去日本では最多となる25点の作品を目にすることができました。 もちろん私の好きな画家のひとりですから当時会場の…

【映画】『オーロラの彼方へ』過去を変えるSF映画の名作

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『オーロラの彼方へ』ニューヨークにオーロラが降りてくる夜、無線を通じて、父親と30年後の息子が言葉を交わす。そして息子と父が家族と街を救うため奮闘するSFファンタジー。派手さはないのですが、SFファンタジーの名…

愛と死と画家 エゴン・シーレとグスタフ・クリムト

こんにちは。 ceramicsstarです。 先日ニコラス・ローグ監督の映画紹介の中でグスタフ・クリムトとエゴン・シーレの絵画が使用されていると書きました。このわたしの好きな二人の画家のことを書きます。 クリムトとシーレ 絵画のテーマの共通点 モデル:ヴァ…

音楽でも楽しめる映画は素晴らしい

こんにちは。 ceramicsstarです。 人生の中で記憶に残る音楽、年齢も経ても当時の聴いた情景が今でも蘇るような映画おの中での劇中音楽がいくつかありますね。そんな音楽のお話を。。 音楽は名盤・名曲を映画や時代に照らし合わせる イギリスカルト映画と言…

リメイクされ続ける伝説の映画 DUNE/デューン 砂の惑星

こんにちは。 ceramicsstarです。 新型コロナウイルスの影響で、次々と大作の公開日が延期となっているなか、今年12月の目玉 アメリカでの12月18日公開予定のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF映画『DUNE/デューン 砂の惑星』も2021年10月に公開延期となりまし…

【映画】『スローなブギにしてくれ』一番変わったのは役者

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『スローなブギにしてくれ』。片岡義男の小説の映画化です。 スローなブギにしてくれ 作品情報 記憶している原作とは違う展開になんとなく納得 変わったところと変わっていないところ・一番変わったのは // リンク スロ…

【映画】『約束』萩原健一・岸恵子の不安定さと冬景色 

こんにちは。 ceramicsstarです。 1970年代映画『約束』は1972年の斎藤耕一監督による作品。萩原健一と岸恵子のあまりにも偶然の出会い。でも結局それは悲しい別れでしかない。そのことがわかっているからこそ、一時の心を通わせようとする話です。 // リン…

戦闘モードのディレクション『石岡瑛子』

こんにちは。ceramicsstarです。 『石岡瑛子』グラフィックデザイナー、アートディレクターであり衣裳デザイナー。仕事に信念をもち凄味さえ感じる強い女性。現在に2ヵ所で石岡瑛子の展覧会を開催しています。 #東京都現代美術館 では2つの企画展「石岡瑛子…

【映画】『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』あえて空腹時にみたい【良作】

こんにちは ceramicsstarです。 映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(Chef)。ロサンゼルスのフレンチレストランの天才シェフが、フードトラックの料理人になるコメディ映画です。監督のジョン・ファヴローが脚本も主演も勤めており、なかなか攻…

【映画】『恋は雨上がりのように』ストーリーは単純だが瑞々しく繊細な良作

こんにちは ceramicsstarです。 映画『恋は雨上がりのように』。主演は小松菜奈と大泉洋。ストーリーは単純で、ファミレスでアルバイトをする女子高生が、店長に恋をするというもの。 // リンク Amazon Primeで見ましたがやはりよい作品でした。 恋は雨上が…

【映画】『あの胸にもういちど』マリアンヌ・フェイスフル のアラン・ドロンへの想いを聞かされながら

映画『あの胸にもういちど』(La Motocyclette)。イギリス・フランスの合作映画です。若き日の、マリアンヌ・フェイスフルとアラン・ドロンの共演が眩しい作品。マリアンヌ・フェイスフルがレザースーツでバイクにまたがる映画といえば、本編を見ていなくて…

【映画】『恋はデジャ・ブ』タイムリープよりビル・マーレイ 【おすすめ】

こんにちは ceramicsstarです。 映画『恋はデジャ・ブ』はビル・マーレィ主演のファンタジーコメディ。同じことを繰り返すことになった男の話、タイムリープものの代表作といわれています。 恋はデジャ・ブ 作品情報 一日が大切に思えてくる ビル・マーレイ …

【映画】『ステキな金縛り』怖くないホラーを観たいなら【何気にネタバレ】

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『ステキな金縛り』は怖くないホラー映画ともいえるコメディです。三谷幸喜の作品ですから、怖いはずないのですが、それでもたまにヒヤっとします。主演は深津絵里、最近お見かけしませんが、仕事は一年に1本のペースな…

【映画】『エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』良作!【ネタバレ・感想】  

こんにちは。ceramicsstarです。 日本では未公開の映画『エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』。主人公は犬の主人でレーサーの男とその飼い犬のエンツォ。彼らが見つめる家族の物語。べストセラー小説の映画化、これは良作、おすすめです。 …

【映画】『刑事ジョーママにお手上げ』スタローンと凄いママのコメディ【ネタバレ・感想】

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『刑事ジョーママにお手上げ』はタイトルどおり、独身の刑事の男に、世話焼きママが、口出し手出しをしまくるドタバタコメディ。 // リンク 脚本の勉強をしている人によると、脚本を担当したブレイク・スナイダーという…

【映画】『蒲田行進曲』すべては舞台のできごと【ネタバレ・感想】

こんにちは。ceramicsstarです。 1982年の映画『蒲田行進曲』。つかこうへい原作、爆発的にヒットした記憶がうっすら残っています。最近、映画『コンフィデンスマンJP』のエンドロールが終わったところで、長澤まさみ演じるダー子が、『蒲田行進曲』劇中…

【映画】ジミ・ヘンドリックス 誰にもできないギタープレイ『JIMI 栄光への軌跡』

こんにちは。ceramicsstarです。 『ジミ・ヘンドリックス』。1960年代の左利きの天才ギタリスト。わたしの好きなミュージシャンのひとりです。映画が劇場公開されたのは2015年。最初はジミヘンをどうやって映画にするんだ?と思って疑問でしたが結構楽しめま…

【映画】『トールキン 旅のはじまり』

こんにちは。ceramicsstarです。 日本で『ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン』の児童文学でありファンタジー小説『指輪物語』大ヒットして書店に本が平積みになっていたのは何年頃だったろう。 もう30年以上前でしょうか。 その後、この小説は映画化さ…

【映画】『イヴ・サンローラン』自由とデザインの人生

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『イヴ・サンローラン』はデザイナーのイヴ・サンローランがファッション・デザイナーとして活躍を始めた10代後半から晩年までに光を当てた作品です。 恋愛至上主義 インスピレーションは期待できない // リンク イヴ・…

【映画】『借りぐらしのアリエッティ』素敵なエコ感

こんにちは ceramicsstarです。 映画『借りぐらしのアリエッティ』。 「金曜ロードSHOW!」で放送されましたね。ジブリはあまりよく知らないので、当然ながらこの作品も初めて見ました。 小人の「借りぐらし」たちのお話です。 企画・脚本の宮崎駿監督がドー…

【映画】『イエスタデイ』幸運な時代に生まれたものだ【ネタバレ・感想】

映画『イエスタデイ 』。 もしも、世界から、ビートルズが消えてしまったら?しかもビートルズの曲を知っているのが、自分一人だったら? というお話です。 イエスタデイ 作品情報 予告 面白いことろ・コピーでも満足できるストーリー エド・シーラン登場 残…

【映画】ヒッチコック『ROPE』(ロープ)シンプルでスリリング!

こんにちはceramicsstarです。 人には優劣が存在し、劣っている者は生きるに値しない。 そんな身勝手な考えを正しいと信じ込み、狭い考えに囚われながら、好奇心だけで行動すれば、その先に何があるのだろう。 ヒッチコックの『ロープ』は、そこから始まり、…

【映画】『団地』この気持ち悪さは嫌いではない【ネタバレ・感想】

こんにちは。 映画『団地』。これをすすめていいのか、若干微妙なのですが、個人的には好きな映画です。 団地 製作情報 予告 実はSFです キャストの勝利 阪本順治という監督 団地 // リンク 製作情報 公開年度 2018年監督 阪本順治上映時間 103分キャスト ・…

【映画】『グッバイ、レーニン!』愛ある猿芝居家族



こんにちは。ceramicsstarです。 映画『グッバイ、レーニン!』。 東西ドイツ統一前に、東ドイツに暮らす家族の物語。 グッバイ、レーニン! 作品情報 東西ドイツ統一後、あってもおかしくないような話 人間は社会性の生きもの // リンク 『グッバイ、レーニ…

【映画】『Love Letter』過去をひもとく気分【ネタバレ・感想】

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『Love Letter』。 以前、テレビか何かで放送されているのを見た記憶があります。Amazon Primeのリストにあって懐かしく再見です。そういえば、2019年には岩井俊二監督による『ラストレター』が公開されましたね。 Love …

【映画】女王陛下のお気に入り 愛憎劇はどの時代でも

こんにちは。ceramicsstarです。 2018年の映画『女王陛下のお気に入り』。「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」で注目を集めるギリシャの監督ヨルゴス・ランティモスが、18世紀英国王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人…

【映画】『早乙女家の娘たち』レトロの中に覗く今っぽさ

こんにちは。ceramicsstarです。1962年の映画『早乙女家の娘たち』。往年の名女優たちが出演する、味わい深いファミリードラマです。 早乙女家の娘たち 作品情報 年頃の姉妹の自立 ブラコンとシスコン感が満載 古きよき時代の東京の風景 早乙女家の娘たち 作…

【映画】『死刑台のエレベーター』事件が事件をつくる【ネタバレ・感想】

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『死刑台のエレベーター』(「Elevetor to the Gallows」) マイルス・デイヴィスの曲が流れるオープニングが、超モダン。1958年に制作されたとは思えないスタイリッシュなフランスの映画です。 // リンク 作品情報 公式…

【映画】ミッドナイト・イン・パリ【あこがれの黄金期はいつ?】

映画『ミッドナイト・イン・パリ』 夢見がちで昔のパリに憧れていたら、本当にタイムトリップしてしまった。ちょっと変わったファンタジー映画です。 現実を否定する人にとって、過去は絶好の逃げ道にもなる。そんなことを感じた作品について書いていきます…

【映画】南極料理人【生きるための工夫はこの時代に通じている】

こんにちは。ceramicsstarです。 映画『南極料理人』。こちらは海上保安官だった西村淳氏が、自身の経験を本にした「面白南極料理人」シリーズを映画化したもの。堺雅人主演では、公開当時大きな話題になったことを記憶に留めている人も多いのではないでしょ…