ceramicsstarブログ

陶器とガラスのオリジナル商品の販売。デザインと企画制作をやっています。商品のご紹介、好きなものなどについて書いています。

【アニメ】ジブリが作品場面写真を無料提供:著作権法は誰のために

 

 

こんにちは。

ceramicsstarです。

 

日本を代表し世界的にも日本のアニメの認知を広げ海外でも人気を誇るアニメ制作会社『株式会社スタジオジブリ』。1985年に会社を創業し、アニメ界の歴史に残る数々の名作を生み出してきました。そのジブリが2020年9月18日に驚きのニュースを。そのことを書きます。

 

スタジオジブリ

スタジオジブリ』の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しています。第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察機爆撃機の名前だそうで、ウィキぺディアにも紹介されていました。あの『紅の豚』の映画の1シーンにも飛行機のエンジンが一瞬ですが登場していました。

 

1985年に『株式会社スタジオジブリ(初代)』が吉祥寺で設立され、現在の会社は小金井にあります。初代が解散して徳間書店が新しい会社として社内カンパニーとなり、事業部制になったり、更に徳間書店からの分離・独立。2005年に『株式会社スタジオジブリ(2代)』となるなど会社としては紆余曲折を経て今にいたります。

 

 

 ■公式サイト

 

 スタジオジブリ - Wikipedia

 

 

 

 f:id:ceramicsstar:20200920185944j:plain

スタジオジブリが公式サイトで提供『千と千尋の神隠し』(2001年、宮崎駿監督)場面写真の内の1カット

 

 

 

 

 

 

スタジオジブリ』作品の場面写真の提供を開始

2020年9月18日の『スタジオジブリ』公式サイトの更新に記載された内容は以下の通り

 

『今月からスタジオジブリ全作品の場面写真を順次提供することになりました。今月は、新しい作品を中心に 8作品、合計400枚提供します。常識の範囲でご自由にお使いください。』

 

 

これには大変驚きました。スタジオジブリは今年の4月にWEB会議用の壁紙を限定して配布をしました。これに続く大きなニュースです。通常アニメ、イラストなども著作権法により個人のホームページやブログ、TwitterFacebookinstagramなどSNSへのそのままの画像投稿は通常禁止されています。

 

 

 

■NETニュースにも掲載されていました。

 

 著作物・著作権についてどう考えるか。。https://t.co/XG9QctKIpz

 

■画像提供されるのは8作品
 
千と千尋の神隠し
ゲド戦記
崖の上のポニョ
借りぐらしのアリエッティ
コクリコ坂から
風立ちぬ
かぐや姫の物語
思い出のマーニー


合計400枚が自由にダウンロードできます。

個人的には『千と千尋の神隠し』があるのは嬉しいが『もののけ姫』が無いのは残念。

 

f:id:ceramicsstar:20200920190010j:plain

スタジオジブリが公式サイトで提供『崖の上のポニョ』(2008年、宮崎吾朗監督)場面写真の内の1カット 

  

 

 

 

写真は著作権による使用料が発生 

仕事の中でカメラマンの撮影した写真を購入しますが、契約書の中で写真1枚1枚について、カメラマンの著作物の扱いの事が書かれています。写真の使用に関しては利用内容以外の目的での写真の二次活用ができません。別途の使用用途を伝えて内容に合わせて1枚当たりの写真の使用料をお支払いします。もし無断で使用した場合には賠償責任など問われるケースもあります。建物の写真などは場合によって風景写真として捉えることも出来ます。ではどこまでが風景の範囲なのかその微妙な判断は難しい。

 

 f:id:ceramicsstar:20200920191309p:plain

 ■スタジオジブリが公式サイトで提供する『風立ちぬ』(2013年、宮崎駿監督)場面写真の内の1カット 

 

これは昔の名古屋駅だ。

 

 

  

 

『作品』として後世に残す

 

スタジオジブリの今回の画像無償提供は別の切り口での判断のようですね。現在のようなWEBを中心としたデジタル社会における著作権問題に確かに問題定義する内容です。その背景の『著作権の使い方を間違えると作品が消える』??

これはどのようなことなのでしょうか。

著作物について例えば展覧会を見て、漫画やアニメなら何を見て何処に感動したのか、それをSNSに発信して共有して共感したい。それにより話題になったりすることで作品や創造した作者も永遠に生き続けることが出来る。後世に名作を残すためと言うことですね。

 

 

 f:id:ceramicsstar:20200920185957j:plain

スタジオジブリが公式サイトで提供『千と千尋の神隠し』(2001年、宮崎駿監督)場面写真の内の1カット 

 

 

繰り返しになりますが、 著作権法により個人のホームページやブログ、SNSへのそのままの画像投稿は通常禁止されていますが、今回、ジブリの公式サイトからの提供画像について限って言えば自由に利用できます。『常識の範囲』での使い方を守れるか、特に商業目的での逸脱する利用は絶対にしないで欲しいと感じました。

 

ceramicsstarでした。

 

ceramicsstar.hatenablog.com

 

 

 下記サイトでオリジナル商品を販売しています。
よろしくお願いいたします。

minne.com


 

ランキングはじめました!

 


北欧雑貨ランキング

 


陶芸ランキング