ceramicsstarブログ

陶器とガラスのオリジナル商品の販売。デザインと企画制作をやっています。商品のご紹介、好きなものなどについて書いています。

【映画】『団地』この気持ち悪さは嫌いではない【ネタバレ・感想】

こんにちは。

映画『団地』。
これをすすめていいのか、若干微妙なのですが、個人的には好きな映画です。

f:id:ceramicsstar:20200809224032j:plain

 

団地

製作情報

公開年度 2018年
監督 阪本順治
上映時間 103分

キャスト

・山下ヒナ子(藤山直美
山下清治(岸部一徳
・行徳君子(大楠道代
・行徳正三(石橋蓮司
・真城(斎藤工

予告

www.youtube.com



 

実はSFです


漢方薬をつくっている山下夫妻は、店を閉じて団地に移り住んできた。
ヒナ子はパート先で怒られてばかりだし、清治は暇で散歩ばかりしている。
夫婦のところには、店の顧客だった真城がちょいちょい顔を出すのと、行徳の妻、君子がたまに現れるくらい。
山下夫妻の日常は淡々と流れていて、たいした喜びもない代わりに大きな悲しみもないように見えます。
そして団地住民から自分の陰口を言われているのを知った清治は、なぜか床下に体を隠してしまい、団地ではよからぬ噂が囁かれるようになる。

大阪のオバちゃんが登場しそうな団地を舞台にした、謎めいた話。
斎藤工は見た目限りなく二のセンの役者ですが、映画では変わった人の役柄も演じてる印象ですが、この『団地』でも極めて変な人(?)を演じています。



キャストの勝利


この『団地』という映画、登場人物も変で、話もとても変わっていますが、はまると癖になる不思議な魅力があります。
あと役者がいい。
藤山直美岸部一徳の夫婦役のコンビは最強です。
この静かな毒を持つ2人が、淡々と漢方薬をつくり始めるところはなかなかの面白さ。

この山下夫婦は、本当は大きな悲しみを抱えていて、そのために漢方薬局も閉店して団地に越してきていました。
でもヒナコも清治も悲しみをコントロールできていて、本当はつらくてたまらないはずなのに、大人として日々を送っている。そういう夫婦の世界観はとても格好がよく映りました。

それを生暖かく見ている自治会長役の石橋蓮司と、妻の大楠道代も静かに毒を放っていて、自分だったら、こんな団地には絶対住みなくないなと思いました。
(見るのは歓迎ですが)

先ほどSFと書きましたし、実際にそうなのですが、ありがちなSFとは全然違うので念のため。
大阪とSFが混ざり合う空気感を想像できる人にはおすすめできる映画だと思います。


阪本順治という監督


あまり意識していなかったのですが、赤井秀和の『どついたるねん』など、結構作品を見ていたことに気づきました。

今年は『一度も撃ってません』が上映されました。
辛口な評価もありますが、キャストは豪華です。



主演は石橋蓮司。ここでもまた、静かな毒が放たれたのでしょうね。


ceramicsstarでした。




 


 

ランキングはじめました!

 


北欧雑貨ランキング

 


陶芸ランキング